リフォームとリノベーションの費用と契約から施工までの流れ

MENU

リフォームとリノベーションの違い

家の修復をするときに、リフォームかリノベーションかで迷ったことがある人もいるでしょう。
リフォームは聞いたことがあるけれど、リノベーションって何?と思った人もいるかもしれません。

 

ハウスリメイクであることには違いないのですが、
リフォームとリノベーションは多少意味が異なります。

 

古くなった家の一部をきれいに直すことをリフォーム、
それよりも大規模な工事を行っていい状態にすることをリノベーションと考えればよいでしょう。

 

一般に、浴槽を変えたり壁の張替え、
システムキッチンを設置するなどの比較的小規模な工事をリフォームといっています。

 

最新の機能を備えた住環境にするような工事が、リノベーションだといってもいいでしょう。
間取りを変えたり、外壁を直したり、給排水設備の工事を行うなどはリノベーションということが多くなっています。

 

リフォームもリノベーションも、最近はとても人気が集まっています。
なぜなら、自分の理想の家を注文しようとすると莫大な費用がかかるから。

 

それなら、中古の物件を購入してリフォームやリノベーションをしたほうが予算を抑えることができるというわけです。
案外、中古の住宅のほうが木材がしっかりしているなどの利点もあって、
リフォームやリノベーションが見直されています。

新築物件と中古物件の比較

マンションを買うとなったら、新築物件、中古物件の選択肢があります。
中古物件もそのまま住むのではなく、リノベーションやリフォームをすることができます。

 

新築マンションでは、これから建てるマンションですから見学はモデルルームでしょう。
一方で、中古マンションは既に住んでいる人がいたマンションですから内部を見学可能です。

 

これは、購入してからのイメージをつかむために有利です。
間取りや設備を自分の目で確認できれば、入居後のライフスタイルまで想像できるでしょう。

 

マンションと一軒家の違いは、管理人がいるかどうか、
定期的に修繕されているのか、管理費はなどの点です。

 

どんな風に管理がされているのかは、新築マンションでは確認できません。
値段の面でも、新築より中古物件のほうが安価です。

 

新築物件は15年以上経過すると価格が下落しますが、
そのとき新築マンションのローンを払いきれていないこともあるでしょう。
それなら、最初から中古マンションを選んだほうがお得な気もします。

 

ただし、中古マンションにも建て替えるときのリスクがあります。
リノベーションすれば資産価値は上がりますが、思うように修繕できるかどうかは物件によって変わります。
どんな中古物件でもリノベーションすればいいというわけではなく、
リノベーションに向いた物件を選ぶことも重要なのです。